りとせの保育園保育計画

りとせの保育園は、
地域の皆様に末永く愛されることを誓います

乳幼児期の健全かつ安定した保育を、地域の方や保護者と共に考え、地域の保育需要を総合的に支援する事を第一の目的とします。私たち「りとせの保育園」は地域の皆様に末永く愛される事を誓います。

決まったプログラムを実施するだけではなく、子どもたちのちの興味に応じ、その日の活動をTPOに合わせてプログラムします。保護者の子育てに併走する保育を実施します。少人数保育なので子どもへ目がよく行き届くため、保護者の不安を解消します。

児童福祉法に基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行います。子どものありのままを受け止め、「良き保育者」と十分な信頼関係を構築し、心の安定化を図ります。子供が楽しく夢中になる活動や熱中できる遊びをとおして、すなおな人間らしい感動のこころをはぐくんでいきます。

事業の方針

昔の日本では三世代同居型の家庭が多く、親以外に多くの大人が子どもに接し、それらが全体として家庭教育を担っていました。地域の人々とも密接で、地域の人々で子どもの世話をする。子育てを支えるしくみや環境がありました。 ところが、急速な都市化の進展、核家族化や地域のつながりの希薄化が進んでいます。今日では多くの地域において、子育てを助けてくれる人や子育てについて相談できる人が少ない状況です。このため、子育てに対して戸惑いや不安を感じることがあってもそれをなかなか解決できない現状があります。

私たちの保育園で1番大切にしていることは、子どもの将来が明るくなるように愛情にあふれた保育をするということです。子どもに将来必要なものは、家族はもちろんのこと家族以外(地域の人々)の心の支えになってくれる存在です。家族、先生、友達など心の支えになってくれる存在がいると人は頑張ろうと明るく生きていくことができます。心の支えになってくれる人を思うだけで元気がでます。現代の社会、子どもにあった養護と教育を見出し、子どもたちにも将来、心の支えになってくれる存在がたくさんできるようにしていきます。その為に保育園でできる事は、自分が愛されているという自信をもたせる事、園児のキラキラした笑顔が曇らないように努力することだと思います。そして、絶えず目をそらさず、見つめあって笑いあって一緒に楽しい時間を過ごしていきたいと思います。園児の心が皆さんの愛情で満たされることを運営方針とします。

保育の方針

  • 子育てと仕事を両立している保護者を全力で支援します
  • 一人ひとりの成長と発達を援助し伸ばす
  • 保護者が安心して働き続けられるように援助する
  • 職員は自覚を持ち専門性を向上させるように努力する
  • 地域の中で共同の輪を広げ、子ども達により良い環境を築いていく

保育理念

〇生き生きとした明るい子ども

人は社会の中で人に関わりながら生きていきます。
心身ともに元気でいることが大切です。
「明朗闊達」いう四字熟語があります。
心が広く朗らかであること。
小さなことにくよくよしない。

〇正しい考えもった子ども

子どもは愛され理解されたがっています。
話を聞く、同じ目線に合わせる、関心を払う。
大人が実践することで子どもは愛されている事を実感します。

〇平和な心をもった子ども

安心感を与えられると自分や人を信じます。
親しみ満ちれば生きる楽しさを学びます。
落ち着いた中で育つと平和な心をもちます。

保育目標

◇良好な対人関係を築ける感性豊かな子どもに育てる
◇感じたことや思った事を豊かに表現できる子どもに育てる。
◇基本的な生活習慣の自立を促す。