スタッフインタビューうちぼり
こうみ

保育園は、子供たちがのびのびと元気に過ごせる場所じゃないといけないなと思うようになって。自分も子供の成長にお役に立てればな、と思って保育士になりました。

ぶどう大野南保育園の施設長としての立場。一人の保育士としての立場、それそれの立場から保育士の仕事への思いなど伺いました。

保育士を目指した理由、きっかけを教えてください。

私の幼稚園時代のことなんですが、入園した当初は、幼稚園に馴染めないで、いつも部屋の隅の方にいたんです。そしたら、やさしく声をかけてくれた先生がいて、大きくなってからも、その先生がホッとさせてくれたことをのことを思い出すことがあるんです。そのことがあって、人格形成をする乳幼児期を過ごす幼稚園とか保育園は、子供たちがのびのびと元気に過ごせる場所じゃないといけないと思うようになりました。子供たちが元気で健やかに育んでいくためのお役に立てればと思って保育士になりました。

りとせ保育会を選んだ理由を教えてください。

学校を卒業して、保育園に勤めたのですが、結婚を機に退職して、育児などのために保育から離れていたのですが、子供が小学校高学年になってひと段落したので、また保育の仕事に携わりたいとなり、パートで仕事を探していた時の求人情報がきっかけです。多様な働き方を選択できる形でしたし、面接した時も、雰囲気も良かったので、こちらにお世話になることになりました。

雰囲気とは具体的にどのような感じですか?

入った途端に、雰囲気って暗い・明るいってあると思うんですけど、(その時は)【いい雰囲気】が肌で感じられました。

今まで保育以外の仕事も経験はありますか?

はい。結婚後、子供ができるまでの期間ということで、事務職も経験しました。
その後、子供ができてからは、子育てに専念していました。
子供が小学校3年生くらいになって、手が離れるようになったので、また保育士の仕事が懐かしくなって「また保育士の仕事に携われるようになれたらな」と探したらと思ってまた保育の仕事に携わるようになりました。

一日のタイムスケジュールを教えてください

基本的には、朝受け入れをして、お子さんの普段と違うところは無いか等を確認して、その後、その日のカリキュラムを踏んだり、子供の出欠を踏まえて、職員配置をしたりしています。そのあとは、日によっていろいろで、入園見学の対応ですとか、採用希望者の対応ですとか、活動の内容を把握して準備などします。

どういう服装でお仕事されていますか?

まず動きやすい服装です。あまり華美でないもの、かがんだときに、あまりヒキにならない洋服を選んでいます。上はTシャツ、下は長ズボン、が大体です。もしくはジャージとか。

残業はありますか?

私は施設長をしているので、残業も多そうに思われますが、残業はほとんどありません。大きな行事や運動会などが近いときは、制作物があるので、多少の残業もありますが、休憩時間も、職員配置をしっかりして、園外で休憩したい場合は園外でとれますし、園内で休憩をとりたい場合は園内で休憩をとって、それぞれの交流の場にしているような感じです。休憩をしっかりとるということは、子供の安全のために重要ですので、その辺はしっかりととれるような形に配慮しています。

職員同士の関係性はいかがですか?

新卒から中堅、年配の職員がいるんですけど、保育に関するアイディアなどを持ち寄っては、話し合ったり、相談し合ったり、中堅の保育士の方からアイディアをいただいたり、みんなで力を合わせて、かなりいい雰囲気ではないかと思っています。みんなの気持ちが保育の質を向上させるっていうところで一つになっていると思うので、アイディアを持ち寄って、がんばっている姿が見えるので、いい関係ではないかと、私は思っています。

保護者との関係性はいががですか?

保護者様との信頼関係築きには、保育であったことを、保護者さまにきちんと伝えることが大事だと思うんです。また些細な事でも、報告するということは大切だと思うんですが、そういうところを気を付けて、朝と帰りの際にご挨拶しながら、声をかけるようにしています。

本社との連携面はいかがですか?

連携面は、定期的に社内研修などを行ってもらっているので、その時に業務の話をいただいたりとか、現場の声をお話しできるような場をつくっていただいているので、そういうところは出来ているのではないかと思います。

仕事の中で、普段から気を付けていることは?

「子供の目線に合わせる」ということに気をつけています。子供が何をみて、何を考えてみているのかを考えて寄り添うようにしています。その上で生命の維持を行い、情緒の安定を行い、発達の援助をするような形をとるようにしています。

保育士を続ける上で大切にしている言葉は?

「笑顔」です。【保育の携わる人の笑顔は、子供たちの笑顔につながる】のかな、と私は思いまして。笑顔はよりよい人間力を生み出すものだと思っているので、忘れずに笑顔は作るようにしています。ちょっと大変なときでも、笑顔になっていれば、笑顔にしていれば、乗り切れるってこともあるのかな、と、心がけています。

保育士を続ける上で大切にしていることも、笑顔ですか?

笑顔ですし、人間力ですね。人間力っていうのは、だれとでも仲良くできるってことではなく、喧嘩した時でも仲直りができて、困った時には助け合う、苦手な人とは適度な距離を置くってことなど、だと思うんです。そうして、人とうまく付き合っていくことだと思います。人間関係力っていうものは、保育を補助する上でも、大事なことだと思うので、保育の中でも大事だなと思います。

毎日の遊びの中で気をつけていることは?

環境の整備ですよね。危険なものがないかとか。

園の保育方針は?

「一人ひとりにあった保育をしてあげる」です。

内堀施設長は、この、ぶどう大野保育園が、新規開園のときから運営に携わっていらっしゃいます。先生がこの園の運営で立ち上げの状態から、注意しているところはどういうところですか?

小さいお子さん、0・1・2歳をお預かりしているので、一番気を付けたところは、衛生面は気を付けておりまして、清掃とか消毒とかは、マメにするように気を付けています。だから、意外と感染者や欠席者が多くなるということは、今のところないです。

仕事の中でのやりがいを教えてください

子どもが昨日できなかったことができたりとか、あると、その都度うれしいので、ちょっとやりがいにつながっているかなと思います。

今まで働いてきた中で、一番嬉しかったことは?

やっぱり、ここ(園)を出て行った後の様子って気になったりするので、卒園した後に、みなさんお近くなので、(ドアを)トントンと叩いて、元気な顔を見せてくれるので、そのとき、元気です!といってきてくれると、元気でやってくれてるんだなと、嬉しくなります。ここだけにいるときだけでなく、その後も気になるというか、ここでちゃんと土台を重ねて、外にちゃんと出てほしいって気もあるので、嬉しいですよね。

一日の中で、楽しい場面はどういうときですか?

子どもたちが楽しく遊んでいるときですかね。楽しそうな顔してくれたときとか。精神年齢が子どもなんでしょうか。(笑)

困った事など相談できる相手はいますか?

あちこちに言って歩いてています。(笑)現場の事だったら、現場の人間に相談するし、施設長という立場の相談だったら、他に4園あって、他の園の施設長さんと会う機会があるので、そういう時に、なるべく自分で考え込まないで話をするようにしています。(他の施設長に相談)できる環境にいるので。ほかにも園があるグループなので、同じ悩みがあると思うので、相談しあえて、精神的に楽な感じではあります。

子供たちにとって、ご自分はどういう存在でありたいですか?

安らげるおばあちゃんです。気軽によってこられる先生であれば、頼れる、慕われる、気軽に寄ってこられる雰囲気の先生であればいいなと思っています。

りとせ保育会で保育士として、働いてみたいな、と思っている方へ、メッセージをお願いします。

小規模保育園というのは、一人一人に合わせての保育がしやすい環境だと思うんです。そういう、一人ひとりに合わせて成長させたいという大好き・環境・未来が強い方には向いている保育園だと思うので、そういう誠実な思いの方には、小規模を選んでやっていけるかなと思います。時間をかけてひとりひとりに質の高い保育をできる環境にあると思いますので、誠実に子供たちに向き合いたいという方に向いていると思います。